投資信託とは?

疑問をもつ女性

投資信託(ファンド)とは、多くの投資家から集めたお金をひとまとめにして、資産運用のプロが運用するという金融商品です。

投信には投資の専門家が「ファンドマネージャー」として参加しており、その投信の運用方針にのっとって、株式やほかの投信などの投資対象を選定して、運用をおこないます。銘柄選びをおこない投資対象を絞って運用するものを「アクティブファンド」、市場平均に連動することを目指してほとんど銘柄選びをおこなわないものを「インデックスファンド」といいます。

資産運用のプロが銘柄選び、売買タイミングの決定、組入れ銘柄の変更などをおこなうので、投信を購入する個人投資家はなにもする必要はありません。つまり、投資信託さえ選べば、あとは放っておくことができます。

個別銘柄や市場の選択をおこなわなくても良く、株式に関する深い知識が必要でないこと、時間や手間などのコストがかからないというメリットがあるかわりに、投信の運用に関する費用を負担する必要があります。

資産運用であるファンドマネージャーとそのチームに支払う運用報酬、投信の売買コスト、投信を販売する窓口である販売会社(証券会社など)に支払う買付手数料など、自分で資産運用する場合とくらべて金銭面でのコストは大きくなります。

ファンドの運用の仕組み

まずファンドが作られます。市場平均に連動するようなベーシックなもの、そのときの流行テーマに沿ったもの、分配金が多いもの、ほとんど分配金をださないものなど、運用会社(委託会社)が投資信託を作成します。

ファンドができたら、それを直接、運用会社が販売したり、証券会社や銀行などの窓口(販売会社)で買えるようにしたりして、投資家にひろく募集します。投資家は証券会社などで自分の運用目的、方針にあったものを探し、購入します。

投資家のお金はファンドの「信託財産」として運用されます。銘柄選び、売買タイミングの決定などは運用会社がおこないますが、指示をうけて実際に売買をおこなうのは信託銀行(管理会社)です。基本的には信託銀行が、信託財産の管理・運用をすべておこないます。

投資家は解約したくなったら、販売会社にその旨の意思表示をします。銘柄によって、即日約定するもの、翌々営業日に約定するものなどさまざまですが、通常はいつでも解約することができます。

ちなみに、買付のときだけでなく、投信を保有しているとき、そして解約のときにも手数料がかかります。詳しくは「投資信託の手数料の種類と注意点」を参照してください。

はじめて投信を買うときの注意点

投資信託は、初心者にわかりやすいものから、上級者でもわかりにくい複雑な内容のものまでさまざまです。書籍でオススメと書かれていたからとか、資産運用をしている知人が持っているからとか、安易な理由で購入を決定しないようにしましょう。

まずは自分の資産運用の目的、方針をきめたうえで、目論見書(ファンドの説明書)を読み、その目的と方針が自分のそれと合っているものを選ぶことをおすすめします。

資産運用の目的、方針を決めると聞くとすこし構えてしまうかもしれませんが、自分が働いて貯めたお金、将来のための大事なお金を運用するにあたり、ある程度の勉強は欠かせないと思います。

投信はプロによる運用がおこなわれるといっても、市場平均に勝てないものはザラにあります。むしろ、何年間も継続的に市場平均を上回るパフォーマンスをあげる投信はほとんどないといっても過言ではありません。

投資は自己責任であり、すべて他人に任せてしまうことには大きなリスクがともないます。投信は運用を他人に任せるものですが、それは時間的コストを節約したり、分散投資を簡便におこなったりするためのものであり、まる投げするための手段ではないと認識しておくことが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ