NISAの仕組みを例をあげて解説

NISAのハンドブック

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)とは、年間100万円の投資元本に対する「売却益」「配当金と分配金」が「5年間」非課税になるという制度です。具体的にどういうことなのか、例をあげて説明します。
※ 売却益のことを、譲渡益や運用益とも言います。

2013年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAの基礎知識

NISA(ニーサ)って何?どんな制度?

NISAのイメージ

2014年1月1日から「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」がはじまります。

NISAとは「上場株式と株式投資信託などの売却益、配当金、分配金などが非課税になる」という制度です。投資額には制限がありますが、非課税になる売却益などの金額には上限がありません。つまり、一定条件を満たせば「いくら儲けても税金がタダ」ということです。

ここではどんな制度なのかということをサラッと説明しますが、現在の政府の方針・見解をもとにして説明しているため、今後内容が変わる可能性があります。そういった制度の内容変更などについては「NISAのニュース」で確認してください。

2013年11月3日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAの基礎知識

このページの先頭へ