イメージ画像

最新情報

2014年9月6日NISAのコラム
新生銀行のNISAに関する調査はあまり参考にならない
2014年9月4日NISAのコラム
NISA拡充の動きと9月末の配当金受け取りの注意点
2014年7月5日NISAのニュース
活況なREITとNISAの関係、そしてGPIFの運用方針について
2014年6月25日NISAのニュース
金融庁のデータに見るNISA口座の問題点と課題
2014年6月22日投資の基礎知識
投資信託とは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

新生銀行のNISAに関する調査はあまり参考にならない

新生銀行がNISAに関する調査をおこなった結果を公表しています。当然ながら新生銀行の商品・サービスをからめた内容となっていますが、1級FP(ファイナンシャル・プランナー)に対する調査というすこし変わった視点のものになっていました。

2014年9月6日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのコラム

NISA拡充の動きと9月末の配当金受け取りの注意点

2014年もなかばを過ぎ、NISAの今後の運用について金融庁の動きが明確化したり、証券会社のキャンペーンが活発化したりしてきました。親や祖父母が子や孫の名義で年間80万円まで投資可能な「子ども版NISA」の創設や、現在100万円の非課税枠を120万円に拡大するといった動きは投資家として歓迎です。

これらの案は2015年度の税制改正要望に盛り込まれるとのことで、いっそうNISAを利用した投資の裾野拡大がなされることが期待できます。

2014年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのコラム

活況なREITとNISAの関係、そしてGPIFの運用方針について

少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)では、国内株式や投資信託などに投資できるということになっていますが、その中にはETFやREITも含まれます。REITとは「不動産投資信託」のことで、不動産投資をおこなうための法人を意味しています。

J-REIT(日本版不動産投資信託)は数年前に脚光を浴びたのですが、そのあとは上げたり下げたりを繰り返しながら推移しています。不動産という性質上、仕手株のような乱高下はしないようなイメージですが、最近またじょじょに値を上げてきているようです。

2014年7月5日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

金融庁のデータに見るNISA口座の問題点と課題

証券のイメージ

以前、「2014年3月末のNISA口座数と増加率、そして現状の問題点」で日本証券業協会によるNISA口座数や利用状況に関するニュースを取りあげましたが、今回、おおもとの金融庁のほうから詳細な口座数などの発表がありましたので紹介します。

2014年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

投資信託とは?

疑問をもつ女性

投資信託(ファンド)とは、多くの投資家から集めたお金をひとまとめにして、資産運用のプロが運用するという金融商品です。

投信には投資の専門家が「ファンドマネージャー」として参加しており、その投信の運用方針にのっとって、株式やほかの投信などの投資対象を選定して、運用をおこないます。銘柄選びをおこない投資対象を絞って運用するものを「アクティブファンド」、市場平均に連動することを目指してほとんど銘柄選びをおこなわないものを「インデックスファンド」といいます。

資産運用のプロが銘柄選び、売買タイミングの決定、組入れ銘柄の変更などをおこなうので、投信を購入する個人投資家はなにもする必要はありません。つまり、投資信託さえ選べば、あとは放っておくことができます。

2014年6月22日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:投資の基礎知識

2014年3月末のNISA口座数と増加率、そして現状の問題点

口座のイメージ

今年からはじまった新しい制度である少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)について、よく話題にあがるのがその口座数です。

基本的に口座数というのは興味がでるものであるという理由がひとつあると思いますが、どの証券会社がどれくらいNISA口座を集めているのかを知ることで、投資家に人気がある、つまり使いやすい口座であることがうかがい知れるという理由もあるのかもしれません。

先月末ごろのニュースによると、日本証券業協会が発表した3月31日現在の口座数は、証券129社合計でおよそ421万口座にのぼったとのこと。前回の1月1日調査のときとくらべて、31.6%増加ということになります。

これは日本証券業協会の発表による数字であり、証券会社の口座しか含まれていません。日証協の会長によれば、銀行などほかの金融機関も含めると、じつに600万口座以上に達しているそうです。

かなり順調に推移しているように見えますが、しかし、口座の利用状況はそれほど良くはないようです。

2014年6月18日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

IMFもNISA制度拡充について言及していた

夜の街

先日、「NISAの非課税枠200万円以上、非課税期間10年延長に内容拡充か!?」で書きましたが、政府がNISA制度の内容拡充を検討しています。検討をはじめた理由としては、国内の投資環境をリサーチした結果、自発的に動いたという部分と、外部からの刺激との両方がありそうです。

2014年5月30日の日経新聞の記事によれば、国際通貨基金(IMF)が日本への審査をおこない、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革や、ROEなどを基準に組入れ銘柄を決める新指標のJPX日経インデックス400などについて評価したうえで、NISA制度の拡充についても言及したとのことです。

2014年6月17日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

NISAの非課税枠200万円以上、非課税期間10年延長に内容拡充か!?

ニュース

少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)は、現状では非課税期間が5年間という短い期間に制限されています。「貯蓄から投資へ」という流れをつくるためにもうけられたNISAですが、その意図とは裏腹に、内容は本来の投資の姿である「長期投資」がおこないにくい仕組みになっています。

このたび、商魂たくましい証券会社や独立系の投信運用会社のグループが、より個人投資家が長期投資をおこないやすくなるような具体的な項目をまとめた提言書をつくったとのこと。そこにはNISAについて、非課税期間恒久化を軸にした制度拡充をうながす内容も盛りこまれたようです。

2014年6月16日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

投資信託の手数料の種類と注意点

手数料のイメージ

投資信託(ファンド)を売買するとき、また保有しているあいだには手数料がかかります。ここでは、具体的にどのような手数料が必要なのかを説明します。

2014年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:投資の基礎知識

個人向け国債の発行額推移から考える英国ISAとNISAの違い

日本経済新聞のニュースに、個人向け国債の2013年末時点の発行残高が1年前と比較して12%減となったというものがありました。記事ではその原因として、異次元の金融緩和による金利下げ止まりと、NISA開始による投資マネーの株式市場への流出があげられています。

2014年4月21日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:NISAのニュース

このページの先頭へ